FC2ブログ
 

はじめに - Zassenhausとは?

ザッセンハウス製品の目利,落札,分解,調整,改造
ZASSENHAUS - コンテンツ一覧

ザッセンハウス集合写真
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
F3.5 1/30 ISO500

Q:
なぜゆえザッセンハウス(zassenhaus)に拘るのか?
A:
ミル部の精度が良く切れ味鋭い刃が付いているため,コーヒーグラウンドを均一に挽くことができる.微粉も少ない.さらに熱も発生しないため粉の劣化が最小限におさえられるから.

ザッセンハウス社(zassenhaus)は1867年創業以来,挽くことにこだわりコーヒーミルやペッパーミルを作り続けてきたドイツの老舗ミルメーカー.ミル刃や筐体の設計・構造の良さはもちろんのこと,職人が一つ一つ手作りで仕上げることもあり世界一とも噂されるミルを作り続けてきた.

ザッセンハウスミルの下刃(burr) その秘密は擂り臼方式と呼ばれる構造にある.通常の手挽きミルの刃は鋳鉄やセラミックを用いている.刃先が鋭くないため石臼のように磨り潰すことになるが,ザッセンハウスのミルでは鋭い刃で豆を細かく切り刻む.円錐形の特殊鋼製の刃は大変鋭く,挽く際には摩擦熱による劣化を最小限に抑えてくれる.ミル刃は軸が固定されており,ひとたびコーヒー豆を挽けば均質で微粉が少ないクオリティの高いコーヒーグラウンドが得られる.粗さネジを調整することでエスプレッソまで対応できる.これは国内のメーカーにはない特徴. 国内の手挽きミルはほとんどが鋳鉄製で軸中心もでないものが多い.最近ではプジョー製のミルも人気が出てきているが,刃の精度はザッセンハウスが段違いに良いし微粉もより少なく挽くことが出来る.ミル部の構造は#175を除き,型式によらずほぼ同じ構造である.しかし部品の精度や組み付け方法は,型式や年代により異なる.

アンティークコレクター魂とコーヒーマニア魂を共にくすぐるザッセンハウス

ドイツ製品というと質実剛健というイメージがあるが,ザッセンハウス製品はアンティーク調なデザインで趣がある.筐体はクルミ材やマホガニー*1などの銘木を使用しており,アンティーク製品としてみても大変品質が高い.特に古い年代のものは木材の品質が高くおすすめである.モデルラインナップも豊富で様々なデザイン/形状の製品が発売されている.また,同時代の同一型番製品でも使用する銘木やフィニッシュを変えたバリエーションが数多く存在する.ハンドルやプレートなどの装飾なども微妙な差異がある.ここらへんがアンティークコレクター魂を盛大にくすぐられる要素の一つである.

*1) かなり古い製品のみ.現在ではマホガニーの伐採はワシントン条約で禁じられているため,MA(マホガニー)と型番がついている場合,クルミ材にマホガニー風のステイン仕上げがされている製品を指す.

良質のザッセンハウス製品を購入することは難しくなっている

残念ながらこの老舗メーカー,2006年に一度倒産してしまった.うわさでは,筐体用に高品質の木材を納品していた業者が倒産し,同一品質の木材を仕入れられなくなったことが原因らしい.現在では会社更生法により別資本で復活しているが,ミル刃・筐体共に以前ほどの品質は望めないようである.そのためにオークション市場では新品中古問わず定価の数倍に高騰した.特に西ドイツ時代のオールドザッセンは人気があり,日本のアンティーク業者が世界中のオールドザッセンハウスを根こそぎ買い占めているようである(筆者も大量に個人輸入したことがあるため人のことはいえない).オールドザッセンの市場価格は倒産直後(2006/12~2008/8頃)には6,7倍まで相場が高騰した.しかしながら会社復活後は相場も安定してきている.それでもオールドザッセンの場合には1.5倍~2倍程度が相場であることが多い*2. ザッセンハウス製品は刃が命.ミル部の基本的な構造は型番によらずほぼ一緒なのだが,実は時代によりミル部の精度や作りが微妙に異なる.そのため,オークションページの限られた写真からではどの時代のどの仕様のザッセンハウスかを判断することは難しい.

*2) 震災後はオールド熱も冷めたのか,かなり値段が安定してきている.物やタイミングにもよるが,おおむね定価以下で買えるようである.良い時代になったものだ.

本レポート群の目的

一連のレポートの目的は,オールドザッセンを如何に仕入れ,如何にメンテナンスするかの方法論を伝えることにある.ポイントは下記の通りである.

  • 各年代の製品の違い

    西ドイツ製の個体がドイツ統一後及び2006年製よりできがいいのは本当か?

  • 型式による構造・性能の違い
  • 外観が違うだけでミル刃構造は同じだというのは本当か?

  • ベストバイはどれか?
  • コーヒーミルとして最も出来が良いのは?

  • 目利きの仕方について
  • オークション出品写真のどこを見ればよいか?

  • 調整・改造方法について
  • ミルをよりよく使うための調整方法及び改造方法は?


次-> 【ザッセンハウスミルの基本構造】


この記事のトラックバックURL

http://tomitagiken.blog3.fc2.com/tb.php/159-669fdae7

コメント

>>まぎぃ
はじめまして

最近、コーヒーに凝ってみようかなと思いはじめた初心者です。ザッセンハウスの解析、大変興味深く拝見しております。項目を見ましたが最後まで読みたくて仕方がありません。ぜひ続きをお聞かせください。楽しみにしております。

>>コーヒー初心者さま
応援ありがとうございます.ザッセンハウスの話に興味を持って下さり大変うれしく思います.週末にでもまた更新したいと思いますので気長にお待ち下さい.

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99